中国との貿易・輸出・輸入支援企業 株式会社協和通商

  1. ホーム
  2. 私たちについて
  3. 本当の意味でのコストダウンとは

お伝えしたい6つのこと
Our Message

本当の意味でのコストダウンとは
Message 3

海外からの輸入でコストダウンするには

海外の安価な商品を注文したが、商品自体や納期等のトラブルで、結果として『商品は安いがそれ以外の(予期せぬ)出費が多々あり、結局は高くついた』

となることがあります。
輸入商品の価格は相対的に確かに安いのですが、それでコストダウンが図れるかと言うと、必ずしもそうとは限りません。

例)A社は中国メーカーに、日本市場で調達するよりもかなり安い価格で商品を注文しましたが、契約の納期は守られず、やっと届いた商品にも品質に問題がありました。結局、A社は顧客からの信用にも傷が付き、また品質問題によるクレーム処理も遅遅として進まない状況になってしまいました。

上記のケースではA社は相当の損害を被る事が考えられますが、海外とのスムーズな取引きにおいても、現地での商談や検品の為の出張、国際・国内物流費等、予期した以上に費用がかかることがあります。

本当のコストダウンとは?

『商品は安いがそれ以外の(予期せぬ)出費が多々あり、結局は高くついた』ということであれば、結局はマイナスです。では、本当のコストダウンとは一体どんなものなのでしょうか?
協和通商が思う、本当のコストダウンには大きく4つポイントがあります。

  1. 価格競争力のある商品の安定した仕入と適切なアウトソーシング。
  2. クレームを最小限に抑える。
  3. 総合的に見て高い満足度(価格+納期+品質の評価)が得られている。
  4. 極力手間のかからないスムーズな商品納入。

これらの条件を満たすことが、一番のコストダウンだと私たちは考えます。

≪中国からの調達でのメリットとデメリット | 一覧へ | 輸入ビジネスで大切なこと≫